丸新

丸新

story

Made in Mino  わたしたちの、仕事のすべて。

わたしたち丸新製陶有限会社は、1949年に岐阜県土岐市で創業された陶磁器製造メーカーです。
生産量の日本一を誇る美濃焼の伝統や文化を受け継ぎ、土や釉薬や、炎と語りながら、
これからのライフシーンと調和する陶器の新しい世界を描く。
その信念のもと、技術に磨きをかけ、新しい感性で革新を試みる、それが丸新製陶の風土です。

01
01

メイド・イン・美濃そして世界へ

丸岐阜県土岐市駄知は、日本有数の良質な陶土が産出される山間の小さな町。室町時代から続く美濃焼の伝統と文化、そして若い陶工たちの情熱と自由な発想力により、私たち丸新製陶は他にはないデザイン性と実用性を兼ね備えた食器・テーブルウェア・生活雑貨のオリジナル商品を広くご提案しています。熱意・創意・誠意を受け継ぎ、暮らしを彩る素敵な逸品を世界に向けて発信しています。

02

メくらしに色を点す卓を彩る。

赤土や黒土など異なる陶土を選び、時流や形状に合った色を出すための釉薬の選定する。季節や温度によって微妙に変わる自然と対峙しながら、1つづつ丁寧に作り上げる丸新製陶の製品には、使う人を思いやる気持ちが込められています。普段使いのものだからこそ、“美しさへのこだわり”を大切にしたい。商品の素材感や手の温もりを感じる製造方法で、暮らしに色を添える確かな製品をお届けしています。

03

伝統と革新の間で。

長い歴史の中で培われてきた美濃焼の伝統を守りつつ、現代のライフスタイルに合った製品を提案するために、丸新製陶では若いクリエーターを積極的に採用。特に女性の目線で選ばれる商品提案を進めています。美しさの中に“機能性”や“愛らしさ”を加えたオリジナル製品の開発は、その困難さと引き換えに喜びも大きい作業でもあります。モノの価値が大きく変わる時代だからこそ、思わず手に取りたくなるような魅力を持った製品(プロダクト)を発表し続ける大切さを、私たちは感じています。

04

クリエーターが生まれる場所

古い水夫は多くの航路を知っている。しかし、新しい航路を見つけるのは新しい水夫である。伝統に学び、美濃焼の新しい世界を模索する丸新製陶では、作家志望の方にも門戸を開いています。当社で活躍する作家やクリエイターとして巣立った作家たちをご紹介します。

クリエーター紹介はコチラから