丸新

丸新

150年の時を越えて、復活。

江戸時代末期、美濃焼の名陶工・塚本亀吉の手によって
作られたとされる、冠婚葬祭など「ハレの日」の器として誕生した
[亀吉どんぶり]。縁が分厚く重厚で、器の内側に包み込むような造形を、
150年の時を超えて亀吉の五代目を受け継ぐ陶工が新たな完成で
現代に蘇らせました。

Product商品紹介